無題555.png

について

〈実績ある教育メソッド〉

 

弊社代表は、過去20年間に渡って20万名の1才~15才の子供達に世界的数学者 広中平祐博士(数学のノーベル賞と言われるフィールズ賞受賞・文化勲章受賞・ハーバード大教授)と共に創造性教育の実践をしてまいりました。

その中で、編み出された知力を育む教育メソッドは数知れません。

今回行なうその数多くの教育メソッドの中より、選りすぐった8種の教育メソッドに加えルネサンスのスイミング教育並びに各種スポーツ教育を組み合せ総合的人間力(本物の能力)を育む教育を実践してまいります。

(創才学園の創才というネーミングは、当社代表と広中博士との共作です)

 

 

〈現代的ニーズ学童保育機能も加えて〉

 

男女共同参画時代を迎え現代の母親の80%が仕事をもつ時代です。

幼児には認定保育園が充実しておりますが、小学生対応の学童保育は急激なニーズに対応できておりません。また、公認学童保育では教育面が全く対応できない事情があります。

創才学園では、本物の能力を育む教育ができる日本で初めての学童保育も行なってまいります。

創才学園の創才の言葉の由来

当社代表が世界的数学者広中博士との20年間20万人
の子供達に創造性教育の実践活動をして参りました。

その帰結としてうまれた言葉です。

創才とは創造する能力のことです。

其に対峙する言葉として秀才と天才と言う言葉があります。
秀才とは、人と比べる相対的能力のことです。
天才とは、特異な能力が時代が求めた時偶発的に生まれる能力のことです。何れも教育により得られる能力ではありません。


全ての子供達が
国際化、情報化、AI化、などが急速に進むこれからの社会を逞しく幸せに生きる力となるのが創造力なのです。
これからの時代を逞しく幸せに生きる能力を伸ばすことを創才教育といいます。その教育の場を創才学園と命名しました。